Home > 嘉木園のこだわり

嘉木園のこだわり

嘉木園の想い

まず、お茶は鮮度が命。

本当においしいお茶は、とれたて、新鮮です。

当店では、お茶本来の生の旨みをどう出すのか、旨みをどう再現するのか?を追求し、
一つの産地にこだわらず、
自社焙煎、
自社加工
徹底という考えに行き着きました。

その結果、より新鮮でとれたてに近いお茶を、リーズナブルな価格でご提供してきました。
私で3代目、創業から60年余りのずっと変わらぬ想いです。

とれたて、新鮮を再現する自社焙煎

お茶本来の旨みは
市販されているお茶ではなかなか味わうことが出来ません。


魚も新鮮なものと、日が経ってしまったものと比較した際に、新鮮なものが美味しいと感じるように、お茶にも同じことがいえます。

当店の店頭では、とれたて、新鮮を再現する為、ほうじ茶の自社焙煎を行なっています。

通りを歩いて頂ければ分かりますが、お茶の美味しい香りが辺りを漂っています。

ほうじ茶の自社焙煎の動画はこちら↓

商品の品質を確認でき、内容に責任を持つため。

自分で加工や全ての作業をやることによって、お茶1つ一つに対して当店でチェックが行える為、
商品の品質を確認でき、内容に責任を持つことが出来ます。

20年前よりやり始めている自社加工。

昔は名古屋のお茶屋さんでは、お茶は自社で加工、挽いたものを販売していた。

しかし、最近では、コンビニやスーパーなどに身近で手軽なお茶というものが流通し、こだわりをもった店舗はすくなくなってしまいました。

当店では本当に美味しいお茶をご提供したいから、自社加工にこだわります。

以下は自社加工の流れの一部です。

荒茶とは、お茶の葉っぱの一時加工品のことです。

はかりで、荒茶を粒になっている茶葉、大きい茶葉、小さい茶葉、粉茶に分別していきます。

火入れをすることによって、茶葉に旨みや香りをさらに引き出していきます。

火入れをする前と、火入れをした後では、お茶の味、旨み、香りが驚くほど違ってきます。

最終チェックで香りや味をチェックし、
火入れの温度を上げたり、下げたり、時間を長くしたり、短くしたりして最良のテイストにした上で、袋詰めにしていきます。

美味しいお茶の寿命も短い為、
当店ではこの作業を必要な量を必要なだけ、こまめに行ない、
お客様に出来たてのお茶をご提供するよう心掛けています。

自社加工の動画はこちら↓

お茶の味は最初に作る生産者の技量と天候によって大きく変わる。

その為、当店では、

今年は渋みが強い、渋みが少ない、などの傾向が分かる。

そして各地の良いお茶の産地より、

特徴のある良質のものを仕入れるように心掛けております。

飲み頃の香りと味を常にご提供したい。

お抹茶は20グラム単位の量り売りのスタイルで販売をしております。
昨今、さらに少量の単位でも販売もご相談に応じて行なっております。

お好きなものをお好きなだけ。
というスタイルです。

このご提供の仕方が出来るのも、
当店が、自社焙煎や自社加工を行なっているからこそなんです。

お抹茶というのは寿命も短いし、
日持ちをするものではないので、
当店では、それぞれのお抹茶を必要な量を必要な分だけ
挽いているので、常の新鮮なものをご提供出来ます。

ぜひお気軽にご相談ください。

おまっちゃの動画はこちら↓

アクセス

〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目34-4

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ

新着情報

一覧を見る

2011/12/06

年始年始のお知らせ:
12月22日~年を越して1月10日まで無休の営業となります。
1月11日が2012年最初の休業日となります。

2011/12/01

サイトを立ち上げました。
嘉木園のお茶について更新してまいりますので宜しくお願い致します。